PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

考え方によっては

先週、知人の娘 Mちゃん(15歳 高1)から電話があった。


「ともだちがバイトしてるペットショップが倒産して、
 たくさんの子犬が処分されるかもしれない。」

という内容。

IMG_2649.jpg


「それ、ほんとの話?」

と聞くと、ともだちがバイトしてる店だから間違いないという。

IMG_2644.jpg


「それが本当の話だったら協力するけど、
 もっと詳しいことをそのともだちに聞いてみて。」

と言うと、

「わかった。でもそのコ、中学のときのともだちで
 急に電話かかってきたんだけど、
 あんまり仲いいコじゃないんだよね~。」


なんじゃそりゃ、あやしい話だよ・・・。
と思いつつ、次の電話を待った。

IMG_2643.jpg



そして、2時間ほどたつと電話があった。


「さっきの話、もういい。」


やっぱりね~。


「もういいってどういうこと?」


「なんかね、犬の数がめちゃ多いらしいし、
 話の出所がよくわからんし。


・・・ともだちのバイト先のペットショップじゃなかったんかい(--)。


という感じで話は落着したのでした。

IMG_2647.jpg


以前、そういうデマメールがまわってきたことが二回ほどあるけど、
そういったものを真に受けちゃった子がいるんでしょう。

IMG_2645.jpg


この件をよーく考えてみた。

トウフちゃんの生い立ちについて。

トウフちゃんって、元々はブリーダーさん出身だ。

そのブリーダーさんがシュナウザーを増やしすぎてどうしようもないという理由で、
一般人のふりして、トウフちゃんと兄弟みんなを里親サイトに載せていたのだ。

しばらくメールでやりとりしているうちに、ふとブリーダーだということに気づいたけど、
気づかないままの可能性もあった。

IMG_2646.jpg


トウフちゃんは、おなかから肺まで虫がいて
すごいセキをしていたし、涙やけに耳ダニと、
とてもかわいそうな状態でうちにきたわけで、
わたしはそのブリーダーをろくでもないブリーダーだと思っていた。

けれどそうやって、飼い主を探そうという努力をしただけ、
あのブリーダーさんは良心的だったんじゃないかな。



(写真は、プーさんとつるんでいるトウフちゃん特集でした。)
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ   人気ブログランキングへ    
★ランキングに参加してます!ポチッとよろしくおねがいします★
スポンサーサイト

| トウフのこと | 20:32 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

トウフちゃん辛い思いしていたんだねv-406
でも、オガロさんのように素敵なママの元で暮らせるようになって良かったねv-22きっとトウフちゃんは感謝していると思います。
たしかに、ろくでもないブリーダーだけど、処分しなかっただけ心のどこかに良心や犬に対する愛情が少しはあったのかな?
これからも、元気でお茶目なトウフちゃんの姿を拝見させてくださいね。

| まるなまま | 2010/10/06 20:43 | URL |

う~ん、そうですね。
短絡的に保健所へ連れて行ったり、実験動物に卸したりしなかっただけ
良心的なのかもしれませんが、それでもワンコが
そんなひどい状態になるまでほっとくなんてどうかと思いますね~。
ブリーダーはパピーミルはもちろん、個人であっても
日本では法規制しないと改善されないんじゃないかと密かに思ってます。

トウフちゃんがオガロさんのおうちに来れてホントウに幸せでしたね。
今、おうちを探しているワンコ達がみんなこうなればいいのになあ。

| shimicci | 2010/10/06 23:33 | URL |

こんばんわ。
トウフ君、オガロさんに出会えてよかったですね♪
トウフ君には神様が手を差し伸べてくださったんですね。
(実際に手を差し伸べたのはオガロさんですが)(^^;
(ちなみに私はクリスチャンではありません)(^^;;;

確かに考えようによっては・・ですね。
最低限の努力をしたと、大目に見て言えるかもしれないですね(^^

| ひこぞーママ | 2010/10/07 00:42 | URL |

今の時代、葬儀屋が山中に遺体を捨てて別ワンの骨を返す時代。
何が本当で何が嘘で、何が正解で何が間違ってるのか・・
 見方によって答えが違ってきます。確かにろくでもない。とも、良心的とも。そんな状態になるまで・・・も?だし、そもそも増やしたこと自体・・との考え方も。
 ただ一つ言えるのは、良いママさんにめぐり合って今は幸せでよかったね。って事ですね。

| ベスママ | 2010/10/07 01:01 | URL |

こんにちはぁ。オガロさん。
トウフちゃん、いいおかあさんのところに来れてよかったですよねe-454
ホワイトシュナちゃんって、皮膚がソルト&ペッパーの子達より
弱いって聞きましたので、本当にいいおかあさんところへこれて
よかったですよねe-348

| セイラララ~ン | 2010/10/07 09:48 | URL |

確かに、考えようによってはそうかもしれませんね。でも、トウフくん、オガロさんと巡り会えて本当によかったねー。肺まで虫がいたって、どんな環境でトウフくんは生活していたんでしょうね?ジョジョくんもトウフくんもオガロさんと一緒で幸せですね。

| リッターママ | 2010/10/07 16:44 | URL |

その考えにはハッとさせられました
でも、そうですよね
捨てたり処分しちゃう人だっているわけですから
トウフちゃん、よかったね、オガロさんに会えて。
トウフワールド全開でこれからも幸せにね♪

| ほっぺじーじ | 2010/10/08 14:27 | URL |

うーん、本当に考え方によってはですね。

今の元気なトウフくんの姿からはそんな劣悪な環境にいたことを想像できませんでした。
トウフくんよかったね。優しいママにめぐり合えて。
ジョジョにいちゃんにも出合えたしね。

| うさぎ | 2010/10/08 14:58 | URL |

まるなままさま

ありがとうございます(^^)
トウフちゃん、うちに来たときはほんとに恐ろしいようなセキをしていて、ブリーダーさんは「カゼひいてるので」と言ってお薬をいっしょに送ってくれたんですが、ぜんぜん治らず、3ヶ月ほどたって虫がいることがわかったんです。うちにきてすぐに検便をしたときは何も出なかったんで、ブリーダーさんのとこでも出なかったんだと思いますけど、母犬からもらう虫らしいので、う~む・・・という感じですが・・・。
いまは元気になっていますけど、トウフちゃんの兄弟はどうなったのかな~とたまに考えてしまうことがあります・・。

| オガロ | 2010/10/09 22:36 | URL |

shimicciさま

コメントありがとうございます^^。
変なブリーダーやペットショップを増やすことなく、おうちがなくて困っている動物たちが幸せになれる世の中になったらいいのにと心から思います。

トウフちゃんの件以来、怖いもの見たさのようなキモチで、そのブリーダーさんのサイトを覗くことがあるんです。そこにはどれだけ衛生的な環境で繁殖が行われているかをうたってあるんですよ。トウフちゃんにいた虫は母犬からもらう虫だそうなので、トウフちゃんの兄弟のその後も気になります。トウフちゃんのお母さんは、けっこう頻繁に子どもを生んでいることもサイトをたまに覗いていると気づいたので、あのブリーダーさんは考えようによっては良心的かもしれないけれど、果たしてどうでしょうか(ーー)。

| オガロ | 2010/10/09 22:46 | URL |

ひこぞーママさま

こんばんわ!
トウフちゃんとは、きっと神様が引き合わせてくれたんだと思いますよ(^^)。

そう・・・考えようによっては!ですが、
最低限の努力をしたんじゃないかなと思えなくもないです。
見捨てることもできるわけですから。
けっこう大きく事業をしてあるブリーダーさんなので、
そういう手間をかけたっていうのはわりと親切なのかなぁと思えなくもないかなぁと。

でもひどいっちゃ~ひどいですよ。かなり。

| オガロ | 2010/10/09 22:51 | URL |

ベスママさま

ほんとにトウフちゃん、無事に育ってよかったですよ。
来た頃のあのヒドい発作のようなセキ、正直なところ、これは長くは生きられないと思っていました。

なんであんなにシュナを増やしてしまったのかわかりませんが、当時、そのブリーダーさんのサイトで見たところシュナの在庫(?)が100匹くらいいました。
1年くらい前にサイトを見たときにはトイプーが100匹くらいいました。シュナは一ケタ台でしたが・・。
あのサイトも年に一回くらい怖いもの見たさで見てしまいますが、もう見ないようにします。
いやな気分になるので・・・。

| オガロ | 2010/10/09 22:57 | URL |

セイラララ~ンさま

こんばんわ~!
やはりホワイトが肌が弱いんでしょうね~。
友達の飼ってるブラックのシュナちゃんも肌がトウフちゃんと同じようになっているので、白とか黒とかはお肌が弱いようです。
トウフちゃん、うまいこと飼い主を見つけた運のいいヤツです。
わりと早めに虫に気づいたのも、ほんとにラッキーでした。
トウフちゃんの兄弟は、飼い主さんがあらわれたのかな~とたまに考えます・・。

| オガロ | 2010/10/09 23:03 | URL |

リッターママさま

ありがとうございます^^。
おなかの虫が肺まで行くって、最後の最後らしいです。母犬からもらう虫だということなので、おなじお母さんから生まれた兄弟たちも、同じようにセキが出ていた可能性があります。どんな環境にいたかわかりませんが、ブリーダーさんのサイトでは衛生的な環境だとうたってありますし、広いきれいな運動場なんかの写真ものっているんですよ。でも、耳ダニまでいるなんて、おかしいですよね。おかげでジョジョまでいっしょに耳ダニの治療をされました。いっしょにいるとすぐにうつってしまうそうです(--)。

| オガロ | 2010/10/09 23:08 | URL |

ほっぺじーじさま

うちの近所に、ブリーダーが山の中に捨てた女の子のシュナを
譲渡会で引き取って飼っているおうちがあるんです。
捨てることも、実験動物にすることも、できるわけですから、
意外と!良心的かな、と思い至りました。
事業もわりと大きくされているブリーダーさんなので、
わりと手をかけてやってくれたのかな、と。
言いたいことはたっくさんありますが、安易に処分しなかったところだけは
認めようかなと思いました。

| オガロ | 2010/10/09 23:14 | URL |

うさぎさま

トウフの幸運はジョジョに出会ったことですね^^。

トウフはそんなろくでもないブリーダーのところから、ひとりで飛行機に乗ってやってきました。
飛行機に乗せるときのゲージが高さが20センチもなく、背の高かったトウフは伏せの姿勢のまま6時間くらいいたことになるんですが、それって、普通のことなんでしょうか?わたしは驚いて、空港で引き取ったとたんにあわててゲージをこじ開けました。
病気のことも、ゲージのことも言いたいことはたくさんありますが、里親サイトにのせてやりとりするという面倒なことをわざわざやったというところは認めようと思っています。

| オガロ | 2010/10/09 23:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jojotofu.blog9.fc2.com/tb.php/214-31bc026e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。